スマホ、タブレットの通信費節約のコツ!


スマホやタブレットを使っていると便利だと実感するのですが、毎月の通信費の支払いが大変になります。平均的な基本料金は7,000-8,000円(本体月賦を含む)と高額です。もしかしたら、1万円以上の支払いという人もいるかもしれません。(毎月12,000円支払っていました)

ガラケーに戻した理由

3年ぶりにガラケーに戻しました。スマホを使う理由が失くなったから、という表向きの理由と、本音は通信費が高額で固定費を圧縮したいとの思いでした。それぞれの環境でメリット・デメリットがあったので、感じたことや代替案などをまとめてみました。

スマホ、タブレットが使えなくなって困ったこと

sp_demerit

出先ではガラケーのみで、調べ物ができない。ガラケーに戻した当初は困りましたが、外出時の予定と必要な情報をまとめて事前にまとめる->タブレットPCにファイルを入れておく、ことで対応できるようになりました。
翌日のスケジュール把握、計画をたてるようになったのが副次的な効果です。

スマホ、タブレットが使えなくなって良かったこと

sp_merit

ほとんど電話がかかって来ないので、月額の支払いが基本料金1,058(980+消費税)円程度です。固定費の大幅ダウンは精神的にも負担がなくなりました。

毎年10万円以上お金が貯まる!
120,000円(毎月10,000円x12ヶ月)のコストダウンはかなり大きいです!この先10年、20年と必ず使う通信手段ですから、考えると恐ろしいですほどの効果だと思います。

どうしても外出先でスマホやタブレットを使いたいとき

仕事で出張が増えてるとスマホにも戻して、テザリングをするかも。。。と考えていましたが、キャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)のスマホはもう買わないことにしました。理由は2つです。

キャリアのスマホを買わない2つの理由

理由1 通信費が高すぎる
(毎月の支払いは3,000-4,000円程度が理想)。家族4人でスマホを使っている25,000円以上かかってしまうかも知れませんが、これも半分程度にしたいところだと思います。
理由2 契約がわかりづらい
顧客の囲い込みが第一の目的で契約がわかりづらいです。二年縛り(2015年には解除されるようですが)を始めとする、ライバル会社のサービスが出るたびに複雑化しています。理解するだけでも時間がかかります。結局どれがいいの?というのはスタッフの言うことを鵜呑みにするという立場の弱さが出てきてしまいます。

お得にスマホ、タブレットを使うために!

大手キャリアは通信容量の制限をし始めています。提供しているサービスではリクエストに応えれないという苦しい状態が露呈しているからです。
sp_otoku

これがお得!完全定額の通信容量の制限なしのサービス
常時接続があたりまえの時代に通信制限ががあるのは提供している会社の都合です。注目されているのが、超高速モバイルインターネットWiMAX2+です。UQ WiMAXという会社で提供しているサービスで、制限なしというのがとてもありがたいです。

月額4,000円未満で完全固定!年間のコストもグーンと安くなるのでおすすめです。入学・新社会人など家族がスマホをもつよりも、WiMAX2+が一つあれば、一人暮らしの自宅で、通勤・通学で、会社、学校など持ち歩くだけで高速にネットに繋げます。

WiFiルーターって、どんなもの?

大きさははスマホ程度で、インターネットに接続できる無線機能がついた機械です。複数のネットワーク機器を同時にアクセスできることから、家庭でも移動中でも便利に使えます。

uqwimax
クレードル(拡張機器)にセットしておけば家庭用電源コードを接続してバッテリーを気にせず使えます。月額3,696円という4,000円未満でつかえるルーターとしては一番人気なのもうなずけます。

気になる通信速度は?

スマホと同じ4G LTEを使えるので高速通信が必要なときは便利ですし、通信制限のない「ノーリミット」モードでは、つなぎ放題で完全固定料金というのが魅力的で人気のポイントになっています。

ぶっちゃけ、NTTの回線をもつこと自体が「金食い虫」だと思うかもしれません。家庭の通信環境を見直すきっかけになって、スマホの通信費用だけではなく、固定費の圧縮のきっかけになりますよ!

 WiMAX2+ の詳細はこちらをクリック!

コメントは受け付けていません。