デスクトップをスッキリ使う方法

windows

デスクトップがアイコンやファイルで埋め尽くされると、Windowsの起動が遅くなるったり、探しているファイルが見つけにくなど、仕事の効率が悪くなります。

最近はデスクトップを下記のように視覚化して使っています。デスクトップが見やすくて便利ですよ。
私はデスクトップパソコンで、モニタの解像度は横:1980x縦:1080pix で使っています。

デスクトップを4分割してファイルを置く

下記の画面のようにデスクトップを4分割して、置いておくファイルやフォルダの役割をルール化します。

  • 左上:アプリケーション・ソフトのショートカット類
  • 左下:参照用データや素材集・ダウンロードしたデータなど。
  • 右上:進行中の仕事のフォルダ・ファイル
  • 右下:進行管理メモ・会議資料など

各エリアの用途は画像に書いてあります。
desktop_001

ガイドラインとして使える壁紙を作ってみました! よろしければ使ってみてください。
壁紙を利用して習慣にするといいかもしれませんね。

(右クリックで保存してください)
1024×768 | 1280×1024 | 1600×1200 | 1980×1080

デスクトップをスッキリと使うコツ

いろいろと試行錯誤した結果、デスクトップには最小限のショートカットアイコンを置くようになりました。
実際のファイルは、「マイドキュメント」フォルダや、「Dropbox」フォルダ内にプロジェクトごとのフォルダを作って置いています。
プロジェクトが終わったら、ショートカットアイコンをゴミ箱に移動して、新しいプロジェクトのショートカットアイコンをデスクトップに置くだけです。

データの整理と一緒にUSBメモリの管理をしておくとPC周りがスッキリします!
» 

windows
adminをフォローする
PCライフ365