NVIDIAディスプレイドライバ nvlddmkm.sysエラー


前回(NVIDIA)のディスプレイドライバの応答停止と回復を繰り返す不具合に悩ませれていたパソコンとは別に、ある日いつものようにパソコン本体の電源を投入したところ、ブルースクリーンが一瞬だけ表示され再起動を繰り返す不具合が発生しました。

ブルースクリーンのエラーは一瞬だったため、デジカメでビデオ録画をして、再生・一時停止にてようやくエラー内容が確認できた、という状態でした。

エラー内容

Technical infomartion:
*** STOP: 0x00000116 (0xFFFFFFA80053C9010,0xFFFFF8800 -省略-)
*** nvlddmkm.sys – Address FFFFF880052E86C0 base at FFFFF8805218000, datestamp 4a0c8.87

※ブルースクリーンは1秒程度で再起動をする→ブルースクリーン ループ

不具合発生前の状態

グラフィックの描画反応が遅いような感じがありました。サブ機なので使用頻度が低く、原因を確認せずに放置していたら、今回のエラーが発生しました。

使用環境
OS: Windows7 Professional 64bit
ビデオカード:GIGABYTE GV-NX76G256D-RH

運良くログインしてデスクトップ画面が表示されても、すぐにブルースクリーンが発生します。
エラー内容で検索をしてヒットした解決方法をおおまかに分けると下記の4つ

・管理者モードでログインして、ドライバーのアンインストール
・前回、正常に起動した状態でログインしてドライバのアンインストール
・メモリダンプを解析して、不具合箇所を確認する
 上記は、再起動できることが前提の確認方法で今回は試すことが出来ない。
・nvlddmkm.sysのブルースクリーン(Bluse Screen Of Death:BSoDとも言う)は
 グラフィックカード(ビデオカード)の相性問題でハードウェアの交換が必要

不具合箇所の特定方法(ハードウェアとソフトウェアの原因の切り分け)

別のビデオカードと差し替えて様子を見ればよかったのですが、検証用パソコンであるため、OSのクリーンインストールを試しました。その結果、インストール中にも同じエラーが発生したため、ビデオカードかハードディスクの不具合であろうと推測しました。

ハードディスクを交換して、再度OSのインストールを試したところ、インストール直後に同様のブルースクリーンが発生。ハードディスクではなく、ビデオカードの不具合と判断しました。

今回の対処方法

別のビデオカードと差し替える
近くにパーツショップがないため、ネットで中古のビデオカードを探すことにしました。
NVIDAのチップには前回の不具合もあって選ぶことにためらいもありましたが、3000円程度の予算でメモリ1GBであれば、なんでもいいかな、程度でパーツを選びました。

玄人志向のGF-CT250-LE1GH NVIDA GeForce

今回、利用したお店は「Sofmapオンラインショップ」です。
オフィス系作業とAdobeのグラフィック程度の作業なのでアウトレットや中古狙いでも十分でした。>> ソフマップのアウトレット・中古

余談

ソフマップは「通常16時間以内に出荷」とありますが、お店の振込確認は月-金だったのです。トラブル発生は金曜の夕方に発生しネットで注文・代金を振り込んだのは金曜の夜。パーツは月曜発送で火曜日到着だなぁ、とおもっていたら、振込完了のメールを送信したところ、なんと!土曜日のお昼あたりには発送しました!のメールがきました。

なんともありがたいです。3日間パソコンが使えないのが一日で対処できたので、ソフマップさんのひと手間かけてくれた対応に感謝です。

4年前に自作したパソコンなので、ハードウェアの不具合が発生してくる頃です。予算が足りない時は、パーツ交換で凌いでいます。パーツショップはゲーマーが高性能なグラフィックカードと買い換えるからでしょうか、お得なパーツが安く手に入るの助かっています。

作業内容

ビデオカードの交換。
旧パーツ:GIGABYTE GV-NX76G256D-RH
新パーツ:NVIDIA Feforce GT520

コメントは受け付けていません。